読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(番外編)インドネシアの日常、怪奇現象⁉︎ ヽ(・∀・)ノ

インドネシア人は怪談が大好きです(^ ^;

私はインドネシア人ではないですが、怪談?と言うか、昨晩の話を(^-^)

 

今朝までにどうしても完成したい資料があったので、昨晩は自宅に帰ってから食事と入浴し、その後に資料を編集し始めました。入浴の際、久しぶりにバスタブに湯を張ったので、汗をかいてましたから暑く感じてエアコンをかけていました。最近、このエアコンは効きが悪いので直接、身体に風を当てるように風向を一番下を向け、涼しいと感じるようにして、仕事を始めました。終わったのはAM2:30頃、その頃には汗も引いていましたので、パソコンを片付け就寝の準備をして、エアコンの風向をいつもの様に上に向けようと思ってリモコンに近付いた刹那、急にエアコンの風向が動き始め、いつもの位置に(^-^;

 

また来たのかな?と思ってエアコンを見てたら、茶色と言うか、黒っぽいボールみたいなのが視界の端っこに入ります(^-^)  そちらを見るとお約束通り、何もないです(^-^;

疲れてるのかも?

 

メイドさんが以前に、ウチの部屋に小さい子供達の霊か妖精がいて、いたずらして来るので困ってると言ってましたし、昨晩と似た様な事は以前にもありました。ある種のポルターガイスト現象? 以前の場合は楽しそうな子供の笑い声も聞こえていたんですけれど、昨晩は声は聞こえませんでした(^ ^) そんな経緯があったので、久しぶりだなぁと思ってついつい、ニコニコして見守ってしまいました。また以前の様に暫くの間、チラチラと何かが視界に入って来たり、何かの気配を感じるのかな(^◇^;)

 

今朝、運転手にやっぱり幽霊っているのかなぁ〜って話し掛けると、「見たんですか?このアパートはいつも居ますよ。子供ですか?」って、私が詳細を言う前に子供と言われ、「多分そうだよ。ふざけてるみたいだったよ。」と言うと、運転手は「運転手は皆んなその子達を見てますよ。」って言ってました。何でも、運転手達を驚かしてふざけてるそうです(^ ^)  コレを書いていて思い出しましたが、そう言えば2日ほど前に、壁に掛けていた飾りのジャワのお面が夜中に落ちてましたね(^◇^;)

 

無邪気に遊んでいる子供の霊? 成仏しないのかなぁ? 仏教じゃないから成仏って概念がないのかな?

 

ただ、本当に幽霊かどうかは分かりません。そんなもの証明された訳じゃないし。問題は、居ると言う人には事実居ると言う事で、居ないと言う人には居ません。幽霊なんてそんなものじゃないでしょうか。興味深いのは、子供という事で私を含む皆んなが偶然にも一致している事ですね。私は信じているのかと聞かれれば、どっちでもないです。こんな現象があったと言う事実に関して、あたかも幽霊が居るように書き、幽霊と言う便利な概念を使ってお話ししていますが、これが一番、簡単に説明できる(だから便利な概念)という事です。つまり、居てもいいし、居なくても良いよと言う立場です(^-^)  エアコンの風向が勝手に自分の望む方向に変わったと言う現象に対し不思議だと言う感情を持った事、視界に何か入って来たと言う現象に反応したという事で、それだけです。

 

昔の日本はそんな不思議な現象に対して幽霊や妖怪と言う概念で説明し、それがやがて河童や座敷童などの妖怪が居ると言う事実となって文化が形成されて行きました。霊についても、霊が居ると言う前提で人々が行動します。日本人はお盆に無駄な殺生はしませんし、漁師さんは漁に出ません。インドネシアの漁師さんが日本のお盆に漁をしていても、です。私はこの様な事実の方が大事だと思います。私の部屋に霊がいると喧伝すれば、私がアパート退去後、ココに入居したいと言う人は減るでしょう(^◇^;)  私は、幽霊などが居ても居なくても良いんですが、それによって影響を受ける人間の行動に重きを置いています。

 

実はスンダにもある日忽然と消えた王国の伝説があります。王とその民の全員が精霊の世界に行ってしまったと。なので、スンダ人は結婚式にはその王を招く為の部屋を用意する事がある様です。最近はかなり減ってるみたいですけれど。つまり、証拠もないけれども、人々が信じているから、人々はその様な行動を取る訳です。人々の行動は直接、物理的に影響がありますし、経済活動にもなって行きます。私には幽霊がいるかどうかよりも、こちらの事実の方が遥かに重要です。 安倍晴明を祀る晴明神社の繁盛っぷりたら………(^-^)