読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシアのタイヤ市場の事

インドネシア・タイヤ協会(APBI)のアジズ・ パネ会長が今年2016年の市場予測について語った記事がありました。報道によれば、今年の販売は、国内向けが850万本、輸出は3000万本であった昨年2015年と同水準にとどまるとの見通しだと同協会が見ているとの事です。 2014年は国内向け 970万本、輸出4500万本であったそうですから、随分と落ち込んでいます。

同協会によると、国内向けの低迷は景気回復の遅れで自動車販売に影響が出ているためと言う事で、一方で2016年下半期以降では、政府が発表した一連の経済政策パッケ ージの効果が出始め、販売が上向くと言う見方もしていると言う報道でした。

では、輸出は???

それは兎も角、インドネシアから結構な本数のタイヤが輸出されているんですね。発見でした。インドネシアはには日系のタイヤ・メーカーさんもありますし、地元系も勿論、あります。地元系も技術的には高いレベルで、ミシュランの技術が入っていると聞いた事があります。若干、盛り返して来ましたが、ルピア安が進んでいますから、輸出が伸びれば良いですね。